アロマテラピーの効果

アロマテラピーの効果は心身症や成人病への有効性も確認されていますしそれに伴う生理作用や心理作用、抗菌作用があることもあります。心身症というのはストレスでイライラしたり眠れない状態が続くことを言います。不眠症や高血圧、気管支喘息などがこれに当たります。

アロマテラピーの効果(つづき)

例えば胃潰瘍だった場合、アロマテラピー療法を行うと神経系を鎮静する作用のある物質が分泌されるようになります。それによって胃の粘膜を傷つけなくなり胃の血流も回復していくという効果になる訳です。

成人病や動脈硬化や糖尿病などのことを言います。現代病と言える病気の一つです。これは血液が酸化することで起こる場合が多いため、酸化を抑制する作用のあるハーブなどを嗅ぐ事で対応出来ます。

もちろんアロマテラピーとして香りを嗅ぐだけでなくハーブティなどで直接的に取り入れる方法もあります。

アロマテラピーの精油に使われる植物には自らを病的な微生物から守るための抗菌作用の能力が備わっています。またその香りに関する様々な記憶もその瞬間にフィードバッグしてイメージを作り出します。そのイメージによる心理作用も期待出来るのです。

このようにアロマテラピーの効果はその病気の治療として使われるのではなく相乗効果が期待出来る治療になります。相乗効果の方を期待してアロマテラピーを用いる場合もあるのです。

病気の治療として用いる場合にはその症状に効果があるのはもちろんですが自分の好きな香りを取り入れてみるのも心身ともにリラックスすることが出来てお勧めかも知れません。


Copyright アロマテラピーのすべてがわかる All rights reserved.

privacy