アロマテラピーが生かせる職業

アロマセラピスト、アロマテラピーアドバイザー、インストラクター、コーディネーター、チャイルドケアライセンス、ハンドやフェイシャルリラックスライセンス、それぞれの資格を指導するトレーナーなどがあります。

アロマテラピーが生かせる職業(つづき)

アロマテラピーが使われる職業は色々とあります。最近では医療の現場でも利用されることがあるので資格を取得しておけば就職の幅も広がるでしょう。

たとえば、アロマセラピストは一般の方々にトリートメントやコンサルテーションなどのアロマテラピーを提供できる能力を持ち合わせた方になります。第三者にサービスを提供するのに適している資格になります。

アロマテラピーアドバイザーは精油やその使用法などに対しての知識を十分に持ち、それを第三者に説明して安全性や法律面などを伝えることが出来る方になります。

花アロマ

多くはアロマオイルなどの販売店で活躍しています。

インストラクターは家庭向けにアロマテラピーの正しい使用法などの講義をする方でアロマテラピー講座などの先生として活躍することになります。

多くの職業はまずアロマテラピー検定を取ることによってそこからのステップアップとして目指すものだと思います。

アロマテラピーは現代の日本において需要が高まってきているので就業率もアップが期待出来るでしょう。

これから目指すにはもってこいの職業かも知れません。

最近では赤ちゃんの保湿ケアとしてアロマテラピーを取り入れる産院なども増えているのでそういった分野でも活躍が期待出来るでしょう。


Copyright アロマテラピーのすべてがわかる All rights reserved.

privacy