アロマテラピーで病気を治療する

アロマテラピーは病気の治療法としても使われます。病気そのものの治療と言うよりは心の安定を図るために利用されると言った方が良いでしょう。これらは「メディカルアロマ」と呼ばれ医療機関において実践され始めています。

アロマテラピーで病気を治療する(つづき)

喘息や花粉症、心身症などの場合にはそれ自体に効果がある場合もあります。その際にはアロマテラピーを行うことを主治医に相談してみましょう。

痺れや硬直が軽減したり痴ほう症の方の気分が安定したなどの効果も実際に目にすることが出来ます。

しかしアロマテラピーはあくまでも診療目的ではないので保険対象外になります。また化学的データの不足もあるためまだまだ受け入れられない現実はあります。

アロマハーブ

苦痛を伴わないリラクゼーション効果があることや副作用や依存性もないので積極的に導入していく声も高まっています。今後こういった取り組みがもっと増えてくることを願っています。

医療機関で出来ないのであればホームケアとしてアロマテラピーを取り入れることは出来ます。インフルエンザや風邪、便秘の予防としても効果があるので是非実践して欲しいものです。

風邪やインフルエンザなどの感染症は空気も綺麗にすることが重要なので抗ウィルス効果の期待出来るティートゥリーというエッセンシャルオイルを混ぜたエタノールに水を加えてオリジナルのエアスプレーを作ります。それを噴射することで空気を消毒できるのです。

また便秘にはオリーブオイルとスウィート・ヘンネルオイルを混ぜたものをマッサージオイルとして使用します。おへそを中心にマッサージすることで解消効果があるようです。


Copyright アロマテラピーのすべてがわかる All rights reserved.

privacy