キャリアオイル

アロマテラピーではキャリアオイルというのも使われます。キャリアオイルはアロマテラピーをマッサージやフレグランスに使用する際にエッセンシャルオイルを薄めるためのものです。エッセンシャルオイルの有効成分を早く肌に浸透させる効果があります。

キャリアオイル(つづき)

エッセンシャルオイルは高濃度なので直接肌につけるとかぶれてしまう方もいます。敏感肌の方は特に注意して使っていきましょう。

最も使われているものがキャロット、小麦胚芽、ホホバ、マカデミアナッツなどです。

キャロット油は人参を油に漬け込んだものでスキンケアには欠かせないキャリアオイルです。小麦胚芽はビタミンEやAが溶け込んでいるので酸化しにくくブレンドオイルに加えることで酸化するのを防ぐことが出来ます。

キャリアオイル

ホホバはフェイシャル、ボディ、ヘアケアなど全身に使用出来るので一本持っておくと大変便利でしょう。マカデミアナッツも全身マッサージの際には欠かせないものです。

その他にアロマテラピーで使われるものにはアボカドやスウィートアーモンド、ヘーゼルナッツなどがあります。キャリアオイルの種類のよっては乳児に使用出来ないものや症状が出やすいものもあるので注意しましょう。

自分でブレンドする際にはアロマテラピーの知識のある方に十分に確認して使用して下さい。

アロマショップなどに行くとオリジナルのオイルをブレンドしてくれたりするので頼むと良いかも知れません。

アロマテラピーを赤ちゃんのマッサージとして取り入れるところもありますがアレルギーをお持ちの場合にはそれを確認しておきましょう。


Copyright アロマテラピーのすべてがわかる All rights reserved.

privacy